Welcome to my blog

脂肪腫&繊維腫&できもの

頭のできもの・・・

ミルの頭をなでていたら、今までなかったでっぱりを発見(>_<)

最初はたんこぶかな?って思ったけど、ぶつけたところを見たわけじゃないし、犬のたんこぶを見たことがないので、とても心配・・・

ミルリンパパの『様子をみれば?』の言葉は 無視! して翌日の土曜日(25日)に病院へ行ってきました。

 

先生の診断では腫瘍とは考えにくいので、細胞診するよりも非ステロイド系の消炎剤を服用して、一週間様子をみる方がいいということになりました。

これで頭のできものが小さくなってきたら、たんこぶだったということになります。

たんこぶだといいんだけどなあ~。

 

もう一つ気になっている経過観察中の尻尾のしこりも診てもらいました。

前回の細胞診では脂肪しかなかったので経過観察となったのですが・・・やはり脂肪種のわりにしこりの硬さが気になります。

今日の細胞診は、採取した細胞を前回と違う染色法で調べて、有益な細胞がみつかったら、病理検査へ出すことになりました。

染色に30分くらいかかるので、結果は家に電話をくれることになりました。

 

先生から電話をもらい、

検査の結果・・・角化細胞しかないので、尻尾のしこりは表皮嚢胞(のうほう)ではないかと診断されました。

ミルリンのかかりつけの先生は、ズバッ!っと病名を言いきる診断をあまりしない先生です。

今まで誤診をされたことはないんですけどね・・・飼い主としては不安なんですよね。

 

表皮嚢胞は、毛穴の垢のかたまりと先生に説明されましたが、ネットで調べてみたら・・・

通常だったら表皮からフケやアカとして排出される老廃物が、皮下組織に袋状のものができてたまってしまうものだそう。

悪性ではないけど、放っておくと大きくなって破裂することもあるみたい。

今後も大きさに注意して経過観察しなくちゃだわ。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

関連記事
スポンサーサイト