Welcome to my blog

脂肪腫&繊維腫&できもの

ミルの手術、無事に終わりました

3/3(日)、ミルの右脇腹にある脂肪腫の手術が無事終わりました。

ミルの右脇腹は、筋間脂肪腫でした。
今回、脂肪腫の他に、喉と右肩にできた線維種の切除もお願いしました。
切除した脂肪腫は、大きめの鶏もも肉1枚分くらいありました。
脂肪腫が大きかっただけに、傷の大きさは胸からお腹にかけて18cmくらいになってしまいました。(人でいうと、傷の大きさは30cmくらいだそうです。)
今回手術をした病院は、術後の容態が悪くなければ、当日退院も可能ということなので、迷った末に、当日退院させることにしました。
(翌日だと、私一人で迎えに行くことになり、不安だったので・・・)
避妊手術を含めると、今回で3回目の手術となりましたが、当日退院は初めてでした。
なので、術後・・・
・お水は翌日のお昼まであげられないこと
・食事は翌日の夜まであげられないこと
知らなかったので、辛かったです(T_T)
特にお水・・・喉が渇いているのがわかるだけに、見ていて本当に辛かった。
家に帰ってきてからも、お腹の傷が痛いせいか?横になりたいけど、伏せができなくてずっとお座りしていました。
少し横になったかと思ったら、すぐ起きてしまいます。


結局、退院当日のミルは、朝方4時過ぎまで寝ませんでした。
思いきってケージに入れたら、さすがに疲れて寝ちゃいました。
最初から、ケージに入れてあげればよかったかも(^_^;)


翌日も、お座りしていることが多かったです。


術後3日目になると、だいぶ動くようになりました。



ミルの摘出した脂肪腫と、術中の写真があります。
一般的には見たくない画像だと思うので、大丈夫な方だけ見てください。

◆摘出した脂肪腫の画像

◆術中写真  
(脂肪腫を摘出後の筋肉と肋骨周辺に複数の線維種ができています)
脂肪腫は摘出しましたが、今後は線維腫症が心配です。

線維腫が皮膚の下にできているうちは、外科的手術で切除可能ですが、臓器にできてしまった場合、特に肝臓は血液検査の数値にでないこともあるそうです。
線維種の予防法はないそうなので、今後は、定期的な血液検査や、エコーをする必要がありそうです。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
関連記事
スポンサーサイト